・住宅金融公庫とは


住宅ローンを組む人なら一度は名前を聞いているはずの「「住宅金融公庫」の説明です。

◆ 設 立 昭和25年6月5日

◆ 資本金 1,687億円(全額政府出資)

◆ 役職員数 1,125人(平成16年度)

◆ 業 務 証券化支援業務、公庫融資業務など

◆ 店 舗 本店・センター/ 〒112-8570 東京都文京区後楽1-4-10
支 店    / 全国の主要都市に12店舗

◆ 融資残高 67兆2,000億円(平成15年3月末)

●住宅金融公庫は設立以来、国民が良質な住宅を建設できるように財政投融資(郵便貯金によって集められたお金を運用する)を利用し、低利で長期固定の住宅ローンを提供してきた。

●公庫が定める技術的基準を満たす物件だけに低利のローンを貸すことによって、日本の住宅全体の質の向上に寄与してきた。

●実際、公庫融資を受けた住宅は阪神淡路大震災でも相当に被害は小さかったし、バリアフリー住宅や省エネ住宅の普及に寄与した。

●各金融機関が窓口となっていたため、全国津々浦々申し込みなどが可能であった。

●当初は融資額が小さかったが、国の経済対策のために融資額を増額。結果バブルの崩壊等により景気が悪化した際に返済困窮者が続出。

●返済期間の延長も含めた返済方法の変更を適用することで、従来なら競売となった方も救うことができた。

●金利の低下により繰上返済が急増。これにより多額の国費を投入されることを余儀なくされたため、行政改革により、住宅ローン事業自体から撤退し、証券化支援事業へと業務が変わることとなった。

●独立行政法人住宅金融支援機構法により、平成19年4月1日より証券化支援事業を主体とする独立行政法人に衣替えする予定。(フラット35を中心事業として営業。既存債権の貸付条件はそのまま。)


住宅金融公庫が支援しているフラット35最低金利金融機関へ相談






スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。