・火災共済に無料で入れますよ!のワナ


住宅ローンを組むに当たって、火災保険(または火災共済)の加入は必須です。

たまに「当金融機関の住宅ローンを使ってくれれば最高○万円の火災共済つき(ローン残高・建物評価額、○万円のいずれか低い額となります。) なので、火災保険料は不要ですよ!」

という金融機関があったりします。当然「ラッキー!」と思うかもしれませんが、少し考えてみましょう。

この条件に「…建物評価額…のいずれか低い額」とあります。

建物評価額というのは通常実際の購入額の7割とかに相当する額のことが多いです。

よって、2000万円の家を建設したときに、保証されるのは7割なので、1400万円が保証されます。

2000万円の融資を受けた次の日に、火災にあって全焼してしまった場合、1400万円は保証されますが、残りは保証されないので、自分で用意する必要がでてきます。

自分で一括して用意できない場合には、ローン会社としては担保が著しく不完全であれば、一括返済してもらうということになります。

つまり火災保険でカバーできなかった600万円を一括して返済できなければ、2000万円ごと一括返済する必要がでてくると言うことになり、そんなことをできるわけはないので、家が競売になります。

なんと短い命でしょうか…。

火災保険(共済)は最低でも融資額までは入っておく必要があるということです。

また、火災共済というのは、共済加入者から集めた資金以外はよりどころがないため、大災害が起きて、共済資金が不足すれば、共済加入者に一部負担を求める必要もある制度ですので、要注意です。

よく確認してから加入する必要がありますね。


フラット35最低金利金融機関へ相談







スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5327846

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。