住宅財形貯蓄で頭金を貯めよう


サラリーマンの方限定ですが、勤務先に「財形貯蓄」という制度がある場合があります。

サラリーマンが継続した貯蓄をしやすいようにした制度で、給与から自動的に天引きされて貯蓄されるものなので、ついついお金を使ってしまう人にはいい制度です。

財形貯蓄には「一般財形貯蓄」「住宅財形貯蓄」「年金財形貯蓄」の3種類があり、住宅財形貯蓄においては、住宅取得やリフォームなどに利用する目的で払い出せば、元本550万円まで利息に非課税なので有利に貯蓄できます。

また、「一般財形貯蓄」「住宅財形貯蓄」「年金財形貯蓄」どの財形貯蓄でもいいのですが、貯蓄額の10倍の額(かつ4000万円までの低い額)について、住宅金融公庫の財形融資をうけることが出来ます。

住宅金融公庫の財形融資は、5年固定金利ですが、金利が当初5年間1.59%(H17/7/18現在)と低く、融資手数料、抵当権設定の登録免許税がタダです。

なお、「財形貯蓄額の10倍」というのは、ローン申込み時までに貯めればいいので、(頭金が既に貯まっている人は)住宅購入を思い立ったら、すぐに財形貯蓄の毎月の貯蓄額を増額(毎月の給料の金額までは増額できるはず)して、申込み時の時点まで貯めまくるというのも手ですね。


繰上返済手数料無料。フラット35最低金利金融機関へ相談


「管理人(ファイナンシャルプランナー)による貯蓄講座」に戻る






スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5166188

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。