連帯債務者、連帯保証人


住宅ローンを借りるとき、連帯債務者とか、連帯保証人という言葉を聞くと思います。
概要とよくある質問について書きたいと思います。

1 連帯債務者…簡単に言えば、融資額全額を共同して支払う義務を負った債務者

  AさんとBさんが連帯債務者で1000万円借りた

  →AさんとBさんが共同して、1000万円を返す義務がある。
(Aさんが500万円返せば、Aさんが支払う義務がなくなるわけではない。Aさんはあくまで1000万円支払う義務がある。仮に1000万円を銀行に返せば、原則500万円について、Bさんに「Aさんに払え!」と言える。)

  →AさんとBさんが離婚して、Bさんが融資物件から離れてしまっても、Bさんが返済する義務がなくなるわけではない。変わらず1000万円返す義務が残る。

  →Aさんが死亡。法定相続人CさんとDさんが発生した場合。Bさんは500万円についてCさんと連帯して、残りの500万円についてDさんと連帯して支払う義務がある。

  →支払がなかったので、銀行は、Aさん及びBさんに手紙を出し、返済するように迫った。
   Aさんは手紙を受け取ったが、Bさんは受け取っていなかった。その場合の「請求」行為の効力はBさんにも及ぶ(=Bさんも銀行からの手紙を受け取って読んだという効果が発生。)


2 連帯保証人…簡単に言えば、債務保証をする人。銀行は債務者に請求しなくても、連帯保証人に請求が可能。

  Aさんが1000万円借り入れ、Bさんが連帯保証人になった。

  →Aさんが支払えなくなった。銀行はBさんに残債務全額を支払うよう請求できる。
   Bさんは残債務全額を銀行に支払った場合、BさんはAさんに、銀行に支払った額の全額を請求できる。

  →Aさんが行方不明になり、返済が滞った。銀行はBさんに請求のための手紙を出し、Bさんは手紙を受け取った場合、Aさんにも「請求」の効力が及ぶ。

  連帯保証人になるためには、一定の資力があるなど、条件が必要です。今の住宅ローンなら、機関保証(○○保証(株)などという名前の保証会社が保証すること)がほとんど。保証料が通常40万円程度かかります。

  ただし、「フラット35」では、保証人は不要です。

トップに戻る







  
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今更聞けない住宅ローン用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3949045

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。