(住宅ローンの債務の)相続


●相続

住宅ローンを支払っている最中に、債務者が亡くなったら、返済中の金融機関に「相続手続き」を行う必要があります。

団体信用生命保険に加入していた場合には、保険会社から保険金が下りて、住宅ローンは完済となるので、保険金支払いの手続きを行えばいいだけですが、加入していない場合には、相続人が手続きを行う必要があります。団体信用生命保険に強制加入のローンの場合には、相続については心配する必要はないでしょう。

相続人になる人(法定相続人)は場合によって違います。

例1 配偶者(=夫又は妻)と子がいる場合→配偶者と子
例2 配偶者と子がいなくて親が生存している場合→配偶者と親
例3 配偶者と(子と親がいなくて)兄弟がいる場合→配偶者と兄弟
例4 配偶者がいなくて(例 離婚)子がいる場合→子
例5 配偶者も子もいなくて、親がいる場合→親

などなど。

遺言や、遺産分割協議により上記例にかかわらず相続人を決めることができますが、金融機関から断られた場合には、上記例に従って、相続する必要があります。

つまり、配偶者と子1人がいるケースで、配偶者が貧乏で、子が金持ちだった場合などは、遺言で「住宅ローンの債務を配偶者に全て相続する」(財産だけでなく、「債務の相続」も可能です。)ということにしたとしても、債権者側からすれば、子からも請求したいので、その「遺言」の内容は無視し、配偶者に加え、子へ請求も可能なのです。

その一方で、相続人だからといって、莫大な債務を相続させられたらたまったものではないので、「相続放棄」をすることができます。これは、住宅などの財産と、ローンなどの債務を両方、一切を放棄することです。死亡したことを知ってから3か月以内に裁判所に届け出れば相続放棄の手続きは可能です。

相続の手続きは複雑なので、もし個別に分からないことがあればご相談下さい。  


「住宅ローン!初中上級者向け完全マニュアル」トップへ







スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今更聞けない住宅ローン用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3889225

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。