抵当権


不動産登記の説明のところで「抵当権」を保留にしていました。

抵当権」とは何か。

「抵当権を設定する」ということはいわゆる「担保にとる」ということと同じ意味です。

つまり、金融機関としては、抵当権の設定登記を行っておけば、もし、お客さんが返済できなくなったときに、簡単に物件を競売にかけて、売却代金を、債権に充てられるわけです。

例1

第1順位の抵当権者 みずほ銀行   配当日現在の債権額 1000万円
第2順位の抵当権者 三井住友銀行  同上         500万円

で、競売によって、2000万円で売れた場合。
みずほ銀行に1000万円、三井住友銀行に500万円分支払われて、物件の持ち主に500万円支払われます。

例2

第1順位の抵当権者 みずほ銀行 配当日現在の債権額 1000万円
第2順位以降    なし

で、競売で500万円で売れた場合。
みずほ銀行に500万円支払われますが、みずほ銀行の債権はまだ500万円分残っているので、500万円分について、債務者に請求されることになります。

金融機関が競売を申し立てるには、抵当権の設定登記を行っていないと、ものすごく面倒な手続きをする必要がでてきますので、融資の際に抵当権を設定することを融資の条件とする金融機関が多いのです。

また、登記をするには「登録免許税」という税金がかかります。

ただし、住宅金融公庫を抵当権者とする場合(フラット35の場合にはこの場合に該当します。)は、抵当権設定の登録免許税(債権額の0.4%)が非課税となります。

つまり、2000万の融資を受ける際に、通常8万円の登録免許税がかかりますが、それがかからないのです!

スーパーフラット35無料相談受付



「住宅ローン!初中上級者向け完全マニュアル」トップへ







スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今更聞けない住宅ローン用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。