金銭消費貸借契約


金銭消費貸借契約」…難しいようですが、簡単に言えば借用証書のことです。

金融機関からお金を借りるときに、借り入れ希望者と金融機関の間で結ぶ契約です。

ちなみに、金銭消費貸借というのは法律用語で金を貸し借りすることをいいます。

法律上は、金の返済については、債務者にどういう理由があろうとも(契約自体に問題がない場合には)債権者に遅れずに返す必要がありますので、病気になった、、とか、、冠婚葬祭が重なって、、とか、息子が大学に入学して入学金を支払う必要があるので、、返済を待ってくれなんていう理由は当然通用しません。


契約を結ぶ前には、内容を確認しましょう。できれば、自分の目ですべて読んで納得して契約する方がいいでしょう。

例えば、(金融機関の契約書によって違いますが)

1 金利を固定する期間は原則10年であるが、金融情勢の変化によって、変更することが出来る…あれ?10年間は絶対固定ではないの??そうなんです。金融情勢が大幅に変化した場合には、勝手に金利を上げられてしまう可能性があるのです。

2 担保価値が下がった場合には、追加担保をいただく可能性があります。
…あれ?これ以上担保なんかだせないよ〜。

3 火災保険料を支払っていない場合には、お客様に代わって代わりに金融機関が支払い、後で、お客様に請求します。…勝手に支払っておいて、請求が来るの??

4 お客様自ら居住する必要がありますので、融資物件から引っ越す場合には、融資金全額返していただきます。…転勤族なんだけど。。

5 連絡がつかなくなった場合には、融資金全額を返していただきます。…引っ越したりする場合には、金融機関に連絡しておかなければ。

など、返済中の注意事項がたくさん書いてあるからです。借りてから気づいても遅い場合がありますよね。


ちなみに、住宅金融公庫と民間金融機関が手を組んで出している商品「フラット35」では上記1のように、金融情勢の大幅な変化により、金利が変わるなんていうことはありませんので、安心ですね。

スーパーフラット35無料相談受付



「住宅ローン!初中上級者向け完全マニュアル」トップへ






スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今更聞けない住宅ローン用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。