・ゼロ金利解除、追加利上げ後の住宅ローン金利動向と金利予想


H19.2 日銀から追加利上げが発表され、住宅ローン金利を各行上げてきているところです。

金利が0.1%でも上がると、総返済額が数十万程度上がる住宅ローンだからこそ、今後の金利動向を予想して動くことが必要です。

住宅ローンに長年接してきた管理人が総力を挙げて、わかりやすく展開を予想する連載記事を掲載していきます。

是非最後までご覧ください。

晴れゼロ金利解除、追加利上げ後の住宅ローン金利動向と金利予想

目次

1 なぜ異常なまでに低金利の住宅ローンが今まで世に出ていたか
2 貸出競争の流れの変化
3 バーゼルUによる住宅ローン市場の変化の概要
4 自己資本比率算定上住宅ローンを有利とするとどうなるか
5 市場金利が上がったときに銀行がかぶるリスクを新たに算定する必要が出てくるとどうなるか
6 リスクの計算方法や内容を新たに情報開示する必要がでてくるとどうなるか
7 フラット35金利の上昇NEW
8 10年固定と35年固定の比較
9 まとめ
1 なぜ異常なまでに低金利の住宅ローンが今まで世に出ていたか
現在、銀行などの各金融機関(以下「銀行」といいます。)が住宅ローンの販売に必死になっています。

これはある背景があるのです。

新聞などで一度は耳にしたことがあるでしょう、銀行の「自己資本比率」の計算方法がミソなのです。


バブル崩壊後、貸し倒れが非常に増え、それが銀行の経営に多大な影響を与えたため、金融庁は、自己資本比率を判定する際に貸し倒れが非常に少ない住宅ローンについてとても有利な判定方法を作りました。

ということで各銀行は企業向けローンの量を減らし、より手間がかかるけれども住宅ローンを推進することしました。

企業向けローンでは自己資本比率の算定上不利であるからです。他の銀行も同様な立場であったため、そこに競争が生まれ、金利競争が始まったのです。

「2 貸出競争の流れの変化」へ続く

スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/35219395

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。