「フラット35」のデメリット


フラット35のデメリットを考えてみました。

1 金利は、融資実行時の金利


融資実行時の金利が適用されるので、借入申込の際に金利が確定しません。
つまり、申込みの際には金利が安くても、実行時に高くなってしまったら、高い方の金利で借りるしかなくなります。

注文住宅であれば、完成が半年後だったりしますので、半年後の金利を予想していく必要があります。

その点、公庫融資だったら、申込み時金利だったので良かったのですが…。

2 融資実行までに若干時間がかかる

申込みをした金融機関での承認の他に、公庫での承認も必要なので、若干時間が必要です。ただ、融資の話を早めに進めておけば大丈夫ということになります。

3 団体信用生命保険料が必要

毎年支払いが必要になります。元金が減っていけば、保険料も安くなります。

4 建築、購入資金の8割までしか融資を受けられない
フラット35」は建設・購入費の8割までしか融資されませんので、残りは自己資金か、併せ貸しをしてくれる民間金融機関を探す必要があります。(H18.6.1からは財形住宅融資と併用すれば、フラットを8割まで、残りを財形融資というのが可能となりました!)

民間金融機関の融資は抵当権が第2順位となる関係で、OKしてくれる金融機関が以前は少なかったですが、今はかなり増えていますので、まずは積極的に聞いてみるのもいいでしょう。

ただ、健全な資金計画といえるのは建設、購入資金の8割融資とファイナンシャルプランナーもよく話しているのは、みなさんも良く聞いていらっしゃるでしょう。


結論となりますが、確かにこのようなデメリットはあります。

しかし、金利上昇局面に安心を買えるという意味で、メリットがデメリットを乗り越える気がしますし、経済評論家なども金利上昇リスクに警鐘を鳴らしています。

(参考)住宅ローン関係ニュース CFP 岩永慶子さんも長期固定をオススメ

安心を買うならフラット35(を含めた長期固定ローン)ということになるでしょう。

スーパーフラット35無料相談


「住宅ローン比較!借換金利審査控除最新情報」トップへ




スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 22:52 | Comment(8) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
はじめまして。そらたさんのHP掲示板の書き込みから参りました。昨年マンションを購入しまして、8月末の引き渡しに向けて現在住宅ローンを検討している者です。フラット35を使う事は自分的には確定事項なのですが、こちらでお勧めしているグッドのほか、協同住宅ローンの2社で検討しています。前者は事務手数料の高さと頭金不足から来る後順位の金融機関の選択が難しいこと、後者はフラットを超える部分は1.5%の自社ローンのみになってしまうことがネックで、どちらを選択すべきか頭を痛めているところです。やや高めの金利でも初期費用をかけずに繰上返済を頑張った方がいいのか、初期費用を多めに支払ってでも総金額を押さえた方がいいのか、お考えをお聞かせください。
Posted by ジュノーン at 2005年06月10日 19:56
繰上返済をどのくらいの金額分出来るのか、そして、確実に繰上返済できるのかによって、変わると思います。

返済額と収入の割合や、収入の安定性(例えば、公務員等である程度将来の収入が確約されている…と言っても公務員でも先行き確実ではないですが…)によって、繰上返済を確実に多額出来るのであれば、グッドローン以外でもいいでしょうが、そうでなければ、35年丸々に近く借りる可能性があるのであれば、グッドローンがいいでしょう。
つまり、人によって違う部分があるので、繰上返済計画を事前に立て、各金融機関に、こういう返済計画であれば、総支払額はいくらになるということを教えてもらえば参考になると思います。

共同住宅ローンの1.5というのは短期固定ローンでしょうか。なるべく不確定要素のある短期固定ローンを借りる額は少なくしておきたいですね。
Posted by 営業マン at 2005年06月10日 21:08
さっそくのご回答ありがとうございます。確かに個別具体的な条件で変わりますよね。借入金額は3100万で、繰上は少なくとも2年ごとに100万ずつはしようと考えています。この最低限のパターンでまた色々調べてみます。どうもありがとうございました。
Posted by ジュノーン at 2005年06月11日 18:22
3 団体信用生命保険料が必要

毎年支払いが必要になります。元金が減っていけば、保険料も安くなります。⇒ とありますがフラット35で団信は任意加入ではないでしょうか? 
Posted by たろう at 2005年06月25日 09:46
3 団体信用生命保険料が必要

毎年支払いが必要になります。元金が減っていけば、保険料も安くなります。⇒ とありますがフラット35で団信は任意加入ではないでしょうか? 
Posted by たろう at 2005年06月25日 09:46
おっしゃるとおり、任意加入です。書き方が紛らわしかったようで、申し訳ございませんが、民間住宅ローンでは、団体信用生命保険料は金利に含まれていることが多く、別途支払う必要がない一方で、フラット35では別途支払う必要があるということを言いたかったのです。

任意加入ではありますが、通常の生命保険に比べ保険料が割安ですので、加入をおすすめします。
Posted by 営業マン at 2005年06月27日 21:24


今 イチオシなフラット35の融資元はどちらですか?

今もグッドローンはあるんですか?
住宅金融公庫のHP 金融金利一覧には載って無いのですが…

日銀 量的緩和政策が廃止になり、金利が高くなってしまう前に…。
急激にあがったりするのですかねぇ?
Posted by ユキ at 2006年03月11日 19:36
グッドローンは元々の親会社であるSBIホールディングスと合併しました。

この画面の下の方にSBIモーゲージとしてバナーを貼っております。こちらのバナーをクリックしていただければ、手続きがとれるようになっています。

じわりじわりと金利は上昇すると思うので、固定金利が安心ですね。
Posted by 営業マン at 2006年03月11日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。