表示登記とは


不動産登記とは、不動産の取引を円滑に行うために、不動産の大きさや所有者などを予め公示しておく制度です。

つまり、登記がなければ、不動産を取り引きする際に、不動産の大きさをいちいち測って、また、誰の持ち物か確認したりする必要がでてくるので、著しく取引を阻害するわけです。

不動産登記には、「表示の登記」と「権利の登記」があります。

●「表示の登記」とは

「表示の登記」とは、不動産の地番、面積などを表示するためのものです。

マンションの場合には、マンション全体と、個別の部屋(というか、、、例えば403号室…など。。それぞれについて公示されます。

表示の登記を行う際のの典型的な例として

・建物の表示登記…建物ができたときに、建物の所在地、種類(使用目的)、構造、床面積、建築時期などについて登記する。

があります。

表示の登記を行うのは家を建てた本人でもできますが、法律的な知識が必要なため、通常は専門家に依頼することになります。

表示の登記の専門家は「土地家屋調査士」です。
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今更聞けない住宅ローン用語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27313007

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。