住宅ローン関係ニュース フラット35がパワーアップ?


住宅情報の記事によれば、来年度からフラット35がパワーアップしそうです。

住宅金融公庫は平成19年3月末で廃止、独立行政法人住宅金融支援機構に生まれ変わります。

来年度も引き続き業務を行うために、国に「概算要求」を行います。

概算要求とは、「来年度はどういう事業を行うので、予算いくら必要です」と各機関が財務省に届け出て、財務省が行うべき事業と切り捨てる事業とに分けて、予算配分するものです。

ポイントは以下

1 優良住宅取得支援制度(=一定の質を保った住宅についてフラット35を使う場合には、当初5年間0.3%優遇)の枠を増加。
今年は6月〜10月で予算が切れて優遇期間が終わってしまったので、来年度はもうちょっと優遇期間が延びるか?

2 優良住宅取得支援制度を使える住宅として「可変性」を加える。
可変性とはどこまでの基準かはわかりませんが、壁の移設を容易にして、たとえば、子供のいる時期は部屋数を多くして、子供が成人して出て行ったら、壁をこわして広いリビングにする…といったことを管理人は予想します。

3 耐震基準に免震を加える
丈夫に作るだけが地震対策ではない!免震構造も地震対策になるので、その構造をしている住宅は優遇される。

(参考記事)
地震に強い住宅を建てよう買おう1 地震対策の重要性

4 返済困窮者向けの救済措置(返済期間を15年延長)ができる期限を2011年まで延長


住宅金融公庫も独立行政法人化することになって、より実態に合わせた政策を採ろうとしているようです。

また、独立行政法人化後も政府の監視の目は変わりありませんので、「あんしん」という面は変更はないようです。

それに、われわれ消費者にとっては長期固定金利のローンがより有利に借りることができそうなので、ありがたい話ですね。
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。