・地震に強い住宅を建てよう買おう1 地震対策の重要性


日本は地震が多い国です。

地震予知連絡会(国土交通省国土地理院長の私的諮問機関)では、近い将来、大きな地震が起こる可能性が高いと考えられる地域として、10ヶ所の地域が指定しています。

観測強化地域・特定観測地域 


一方で、観測地域でもない北海道奥尻島・十勝沖、新潟中越地方で地震が起きています。

正直、予測がつかないのが現状でしょう。

平成7年の阪神・淡路大震災では、一般の木造住宅の3割以上が全壊又は半壊の被害を受けました。

この地震が原因で亡くなった被害者の方のほとんどが倒壊した在来木造住宅で圧死しています。

この地震の被害で全壊した建物が約10万棟といわれていますが、その大部分が木造住宅だったと推測されています。

このことは、既存の木造住宅の中で耐震性が少ない住宅がいかに多くあったかを裏づけています。

もちろん、マンションに住んでいても、死亡した方は少なかったですが、重傷を負った方も相当数に上ります。

住宅を購入・建設・リフォームする上で、地震対策は非常に重要です。

命がかかっているからです。

これから数回にわたって、住宅を購入・建設・リフォームする上での地震対策についてまとめたいと思います。

地震に強い住宅を建てよう買おう2へ 
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。