・ライフイベントを考えて住宅ローンを考える1


住宅を建設、購入する上で重要なポイントがあります。

それは、「ライフイベントを考える」こと。

ライフイベントとは、人生のさまざまなイベントのことです。

たとえば、就職、結婚、出産等々。

それぞれのイベントには多額の資金が必要ですから、それを踏まえた資金計画を立てることが必要です。


というのも、たとえば

結婚しない人、
子供を2人作る予定の人、
子供を私立大学に行かせる人、
転勤する可能性がある人
55歳で退職する人、
家のリフォームを頻繁に行う人

などなど、それぞれの人生に合った資金計画を予想した上で家を買わないと、まるで、レーダーも持たないで太平洋を横断するようなものです。

先に何があるかわからないのに闇雲に出航するのは、非常に危険なのです。

一度時間があるときにでも、考えてみることをおススメします。


どのライフイベントでどれだけ費用がかかるか、すこしずつ調べて行きたいと思います。みなさんが自分に当てはめるのに役立てようと思います。

まずは「出産」です。

出産に必要な費用は、大きく分けて

「入院・分娩費」
「出産準備費」
「内祝い費(お祝いのお返し)」

に分けられます。

このうち入院・分娩費用は、病院や入院期間、病室などで異なりますが、リクルート社の「ゼクシィ」読者を対象にした調査によると、2001年4月から2003年3月に第一子を産んだ際にかかった総費用(入院・分娩費、出産準備費、内祝い費)は全国平均66.6万円でした。

これは、前年に比べて3万円アップしていますが、実際には「10〜20万円未満」「30〜40万円未満」の層がそれぞれ20%を超えて、一番多いようです。

項目別では、「入院・分娩費」が38.7万円と総額の約6割を占め、「出産準備費」に14.8万円、「内祝い費用」に13.3万円かかっています。

また、収入である出産祝い金については37.4万円になっています。

あくまで平均ですが、総費用−出産祝い金=30万円程度は必要のようです。

次回から「教育費」を検証します。

・ライフイベントを考えて住宅ローンを考える2へ 
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。