住宅ローン最新ニュース 冷夏が金利を左右する


<天候・外需減速でも、日銀責任論が浮上する可能性>

 株価や経済指標で景気減速が鮮明となれば「日銀は想定していた次回の利上げを取り下げる可能性がある」(クレディスイス証券・白川浩道チーフエコノミスト)。

ゼロ金利解除が発表された14日に行われたロイター調査によると、37人の市場参加者のうち21人が年内の利上げを予想している。

 また、景気が後退局面入りしたり、減速が鮮明になった場合には、その主因が天候要因や外需減速であっても「与党を中心に、日銀のゼロ金利解除のせいにされる可能性がある」(三菱UFJ証券・水野和夫チーフエコノミスト)。

 そうなれば金融政策のかじ取りは一段と制約される可能性が出てくる。


現在の株価停滞や冷夏によって、景気が減速するということで金利が上昇しないという考え方もあるという話ですが、これを鵜呑みにするのは非常に危険と考えます。

現在の株価が停滞しているのは、中東や北朝鮮の地政学的リスクが問題となり、原油価格が一時的に高騰し、全世界的に株価が停滞しているためです。

いつものとおり、地政学的リスクの問題は一定期間で落ち着くでしょうし、企業業績は過去最高となっている企業が続出している中で、今後も株価が停滞するとは思えませんし、経済指標も良化する可能性は高いでしょう。

一番重要なのは、こういった経済ニュースに一喜一憂しないこと。

長期的にトクをする方法を考えた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅・住宅ローン関係最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。