・GE住宅ローン


晴れオススメする理由

住宅ローンは長期にわたる返済となるので、審査する際に収入の安定性、継続性が大変重要なのです。

だから、一般的な金融機関は自営業者・転職間もない方、契約社員、派遣職員等に積極的に融資しようとは思わないことが多いです。

不良債権が多くなったときにも「契約社員の方への融資を増やした結果です」よりも「勤続年数の長いサラリーマンに貸したのに、リストラになっちゃったので」と言った方が、対外的に「しかたないなあ〜」と思わせる要因になるわけです。

もちろん、借りれればいいわけではなく、返せるかどうかがポイントなのですが、返せるのに借りれない場合があるために、ご自身で「間違いなく返せる」と思ったら、貸してくれる金融機関を選ぶ必要があります。

GE Moneyの住宅ローンaです。

ここは、自営等の条件を「名指し」にして「柔軟に対応します」と言っている貴重な金融機関です。インターネットからの相談ができますので、時間があるときにでもゆっくり相談できるようになっています。

また、

・仮結果は1日で出る

・あなたのスキルによって金利を下げる。


など、使いやすくなっています。

「でもGE Moneyの住宅ローンaって、どういう金融機関?」

と言う方がいるかもしれません。

世界各国で様々な事業を行っている「GEグループ」に属しており、最近日本でも活発に金融商品を出している会社です。

GEグループ概要

こちらで概要をご覧いただけます。

上記の条件の方だけではなく、融資してくれる金融機関を探している方は、相談は無料ですから、一度インターネット相談を受けてみるのも選択肢を広げるという意味でいいのかもしれません。

GE Moneyの住宅ローンa

ちなみに既に当サイトからGEmoneyをご利用になられた方はアットいう間に数十人に上りました。
期待の強さが伺えます。

もちろんフラット35は住宅金融公庫が主導しているので、職業での選別はしないことになっていますので、長期固定ローンを組みたい方はこちらにも相談してみて、条件がいい方を選ぶのもいいでしょう。
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。