住宅ローン関係ニュース 住宅ローン金利、山銀が0.2%引き上げ しあわせ銀も


◇山銀、5年半ぶり
 山形銀行は20日、5月1日の新規借り入れ分から住宅ローン金利を約5年半ぶりに0・2%引き上げると発表した。

既に山形しあわせ銀行も3日から金利を0・2%引き上げており、長期金利上昇の影響が預金だけでなく借り入れにも広がり始めている。

 山形銀行によると、引き上げられるのは金利選択型住宅ローンの固定金利で、▽3年固定2・2%▽5年固定2・65%▽10年固定3・5%にそれぞれ変更される。

しあわせ銀でも同様に▽3年固定2・2%▽5年固定2・75%▽10年固定3・5%と変更されている。

一方、県内他2行は「現在、引き上げるか据え置くか検討している」(荘内銀行)、「まだ話は出ていない」(殖産銀行)としている。

 県内4地銀は、3月9日の日銀の量的緩和解除後、定期預金金利を同23日と今月17日に引き上げた。

夏ごろにも日銀のゼロ金利政策が解除されるとの観測が広がり、長期金利市場が上昇を続けることから、県内金融機関の金利は相次いで引き上げを余儀なくされている。

ポイントとしては、山形という地方においても、敏感に金利に反応を示しているというところにあります。

地方は大都市圏とは違った経済変動をしがちです。

景気回復にしても、地方は大都市圏より間違いなく遅く、景気が戻っていません。

にも関わらず、金利を上げてしまうところに、金利への過剰反応があるように思われます。

つまり何を言いたいかというと、地方でもこれだけ金利上昇に反応しているということは、今後の金利は、経済のファンダメンタルズ(つまり基礎的な経済数値)に必ずしも適切に反応していくわけではなく、心理的な部分が影響して上昇していく可能性があることを示唆しているように思われます。

とにかく一つのニュースに過剰に反応する日本人気質を考えれば、金利は予想以上に早く上がる可能性があるのかもしれません。

要注意です。


↓以下のリンクから相談が可能ですので、大枠の借り入れ金額を決めてまずは相談してみるのがいいでしょう。

全期間固定金利フラット35最低金利金融機関情報。無料相談可j


↓同様に、既に住宅ローンを返済中の方が、長期固定ローンに借り換えたいという相談を行うケースが急増しています。金利が0.1%上がったら返済額は数十万増える場合がありますので、一刻も早く借り換えたいという希望が多いようです。

住宅ローンの無料借換相談
借り換え


自営業、派遣に積極融資中。GE Money(GEグループ)の住宅ローン(スピード仮審査実施中)

●ピックアップブック



「住宅ローン比較!借換金利審査控除最新情報」トップに戻る



スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅・住宅ローン関係最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。