住宅ローン関係ニュース 住宅ローン一斉引き上げ 大手銀行


 三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手4銀行は31日、市場金利の上昇を受けて4月3日適用分からの住宅ローン金利を引き上げると発表した。

固定型の引き上げ幅は0・15−0・2%が中心。2年から10年までの固定金利は各行一斉の上昇となる。

 各行は3月中の量的緩和解除観測が高まった2月末にも、相次いで住宅ローン金利の引き上げを発表したばかり。

今後の市場動向によっては、再度の引き上げもありそうだ。

 また、日本郵政公社は31日、定期貯金のうち1年物以上の金利を4月3日から引き上げると発表した。

郵貯の金利引き上げは2000年8月以来、約5年7カ月ぶり。

上げ幅は0・03−0・09%で、民間金融機関の平均金利よりわずかに高めとなった。

こういうニュースを見ると、一刻も早く、融資を受ける、借り換えをするというアクションが必要に感じられます。

ただ、あせって借りて悪いローンをつかむと悪いので、素早く勉強することが必要です。

ネットで勉強するのもいいですが、ローン関係の書籍も内容がまとまっていて、時間がない方にはいいツールですね。


↓以下のリンクから相談が可能ですので、大枠の借り入れ金額を決めてまずは相談してみるのがいいでしょう。

全期間固定金利フラット35最低金利金融機関情報。無料相談可j


↓同様に、既に住宅ローンを返済中の方が、長期固定ローンに借り換えたいという相談を行うケースが急増しています。金利が0.1%上がったら返済額は数十万増える場合がありますので、一刻も早く借り換えたいという希望が多いようです。

住宅ローンの無料借換相談
借り換え


自営業、派遣に積極融資中。GE Moneyの住宅ローン(スピード仮審査実施中)








「住宅ローン比較!借換金利審査控除最新情報」トップに戻る

スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅・住宅ローン関係最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。