・住宅ローン金利が上がる要素2


企業向け融資金利の上昇が個人向け金利の上昇の可能性を確実にした理由について、前回述べていませんでしたので、ここでまとめたいと思います。

ハッキリ言って、銀行はなるべく大口である企業に融資をしたいと考えています。なぜなら、

1 個人向け融資は金額が小さい割に、融資手続きが煩雑。

2 個人向け融資は激しい融資競争で利ざやが稼げない。
  (金利を上げると個人は別の金融機関に行ってしまう。)

3 個人向け融資は金額が小さい割に、システムを利用するので、システムの負荷が一定にかかる。

4 個人向け融資は金額が小さい割に、繰り上げ返済、住所変更、住宅ローン控除の通知、相続などの融資実行後の管理手続きに手間がかかる。

たしかに、個人向け融資は貸し倒れが少なく、銀行にとってドル箱と言われた時代も、つい最近までありましたが、それはあくまで優良顧客を得たときであって、現在のように、過当競争で、信用力が低いお客様にも融資せざるを得ない現状では、貸せば貸すほど損をする可能性が大いにあります。

結果、企業業績が良くなっている現況では、個人向け融資は企業向け融資に劣後するため、銀行は企業に融資をしたいにもかかわらず、企業向け融資金利を上げる状況になっているということは、個人向け融資についても上げたいと思っているのは間違いありません。

現在は横並びで個人向け融資金利を低くしていますが、どこかメガバンクが金利を上げてきたら横並びで金利が急上昇していくでしょう。

既に、みずほなどが多少金利を上げたというニュースがでたら、間髪おかずりそな、そして地銀も少しですが上げてきています。

「個人向け融資金利を上げたい」というエネルギーは十分に蓄えられている現在、「横並び」業界では、金利上昇が銀行業界全体に及ぶのにはあまり時間はかからないでしょう。


スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン金利はこれからどうなる?(上がる?下がる?)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15422330

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。