・住宅ローン金利が上がる要素1


日銀の早期のゼロ金利解除への思惑や、米債券相場下落などを背景に、日本の長期金利に上昇圧力がかかっている。

債券市場では長期金利の指標である新発10年物国債の利回りが一時、1.74%と1年7カ月ぶりの高水準に上昇。

長期の設備投資資金の調達を急ぐ企業も出始めている。

企業向け金利が上がるという懸念が出始めました。

一般的な企業は銀行から融資を受けて、それを元に設備等への投資を行い、業務を拡大していく組織ですから、銀行融資金利が上がることは死活問題になりかねないので、金利上昇のニュースには敏感です。

銀行が企業向けの融資金利を上げるということは、住宅ローンなど個人向け融資の金利の上昇がより確実なものとなったと私なら判断します。

なぜか…
住宅ローン金利が上がる要素2へ!





スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン金利はこれからどうなる?(上がる?下がる?)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15291681

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。