住宅ローン関係ニュース 利息徴収ミスで南日本銀


 南日本銀行(鹿児島市)で住宅ローンなどの利息が過剰徴収されていた問題で、同行の石井祥頭取は4日、記者会見し、「銀行の基本である正確な事務が足りなかった。管理監督する部門も十分ではなかった」と謝罪した。
 同行によると、利息の徴収ミスがあったのは長期プライムレートに連動する約50種類の金融商品。1995年から現在まで断続的に起きた。担当者がシステム部に金利の変更を依頼する際、用紙に記入漏れがあったという。
 数千万円から1億円程度とみられる返還額は、05年度中に特別損失として処理する。
 同行は当初、対象件数を3379件と発表していたが、その後3373件に訂正、ずさんさを露呈した。
(共同通信)

ローンはすべてシステム化されているようですが、一部分人の手が入る部分があります。
その一部分でミスが起きる場合がありますので、念のため、支払額や金利が変動する際には注意する必要があるかもしれません。

ところで、対象件数が当初発表より減ったのはいかがなものかと思います。
金額の正確さという銀行の最も重要な部分でのミスですから、笑ってすまされる問題ではありません。




住宅ローン


↑金利上昇局面では固定金利切り替えが鉄則。保証料、繰上返済手数料無料の「フラット35」最低金利金融機関への相談(無料)はバナーのクリックで可能です。

全期間固定金利フラット35最低金利金融機関情報!無料相談可

住宅ローンの無料借換相談
借り換え



「住宅ローン比較!借換金利審査控除最新情報」トップに戻る
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅・住宅ローン関係最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。