住宅ローン関係ニュース 北側国交相、金融機関に支援を再要請 耐震偽装事件


 北側国土交通相は20日の閣議後会見で、耐震強度偽装事件に関連し、解体・建て替えが必要な分譲マンション10棟の居住者に融資している民間金融機関に住宅ローンの返済繰り延べや金利の減免、毎月の支払額の減額などの協力を再要請する考えを明らかにした。
 北側国交相は建て替えで居住者が新たに住宅ローンを借りる場合、建物への担保の追加設定を自粛すべきだとの考えも示した。

「(耐震偽装で)そもそも担保価値がない建物に抵当権を設定していて、建て替え後に新しい建物に当然のごとく抵当権が設定されるのはいかがかと思う」と述べた。

 国土交通省は昨年11月、金融庁を通じて全国銀行協会に協力を要請。全銀協は返済の一時繰り延べなどを申し合わせた。

これは難しい問題ですね。

銀行が新たな融資をするのに無担保で融資できるわけがないですし、かといって国費が投入された新築物件に単純に抵当権を設定するのであれば、銀行は価値の高い担保を手に入れてしまう…。

新旧の融資を相当低い利子にするというところで折り合いをつけるしかないのでしょうか。

一方で、耐震偽装されたのは国の検査の問題であって銀行には何の落ち度もないのに、当然のように銀行も負担すべきという国土交通大臣の考えもどうかと思います。

いずれにしても、誰がどのような負担をするのか、早期解決をしないと、入居者が眠れない日は続いてしまいますので、早急な解決が望まれます。



住宅ローン


↑金利上昇局面では固定金利切り替えが鉄則。保証料、繰上返済手数料無料の「フラット35」最低金利金融機関への相談(無料)はバナーのクリックで可能です。

全期間固定金利フラット35最低金利金融機関情報!無料相談可

住宅ローンの無料借換相談
借り換え



「住宅ローン比較!借換金利審査控除最新情報」トップに戻る
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅・住宅ローン関係最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。