・住宅用土地購入の際に気をつけたいこと


戸建住宅を建設する場合、親の敷地や昔から所有している土地に建設する場合を除いて、土地を購入する必要が出てきます。

そのときにどんなことに気をつけなければならないでしょうか。

費用対効果としてメリットのある土地を買うなどと言うことは当たり前ですが…

重要なのは「きちんと使える土地」を選ぶことが重要です。

これは当たり前のことですが、意外とおろそかにされています。

きちんと使えない土地というのは、地盤沈下をするような土地です。

「地盤沈下なんてなかなかないよ〜」

おっしゃるかもしれません。

しかし、これが意外に多いのです。

特に宅地造成された土地が多いのでしょうが、それだけでなく、軟弱な地盤に特別の工事をすることもなく家を建てたせいで、家が傾いて、扉の立て付けが悪くなったりして、物件の価値がかなり減少するということがあります。

家をきちんと建てても、土地のせいでこうなる場合もあるのです。

それではどうすればいいのでしょう。

「地盤調査」を行えば安心です。

地盤調査をする会社があって、「地盤調査報告書」を提出させることで、どういう地盤かわかるというものです。

危険なのは、分譲業者が自社で地盤調査をしたモノ。きちんと調査しているの?という怪しさはあります。

ただ、きちんと調査報告書さえもらった上で地盤沈下となった場合に、裁判をするときに有効な証拠となるので、調査報告書はきちんともらっておく必要があります。

一番いいのは、分譲業者じゃない地盤調査会社に依頼することでしょう。

多少お金はかかりますが、地盤沈下になったときの損害を考えると、安いモノだと思います。




資産価値の高いマンションとは?地図・沿線・相場から探せる!《住宅情報ナビ》






スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11135007

金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。