住宅ローン減税 大幅拡充方針 200年住宅 最大600万円?


政府・与党は2009年度税制改正で検討している住宅ローン減税について、長期間住める優良住宅(200年住宅)の購入者を対象に、所得税、住民税の控除額を、過去最大の600万円に引き上げる方針を固めた。借入限度額は5000万円、控除期間は10年。

200年住宅というのは、200年使用できるような住宅ということです。

自民党のHPによれば、

・丈夫であること。
・家族構成などによって、内部間取りなどを改造できること。
・次世代に引き継げるような、バリアフリーや省エネが整っていること。

などの要件を満たす住宅を建てることで、国民全体の住宅建設コストを抑えるとともに、環境に対する負荷を抑えられることになります。

そういった場合には住宅ローン減税を最大限行いましょうという方向性です。

ただ、200年住宅を建てる人は少数なので、そうでない住宅を建てる人、それと、すでに住宅を建てて住宅ローン減税を受けている人がどれだけ控除が加算されるかというところは全く見えてきませんね。

もう少し辛抱が必要です。


税制が確定した後には新しい住宅ローン減税のシミュレーションも作ろうと思っていますが、、参考までに現在のシミュレーションソフトを掲載しておきます。

平成20年住宅ローン減税額シミュレーションニューリリース
スポンサードリンク

晴れ当サイトカテゴリー
1住宅ローンの基礎知識
2住宅ローン応用編
3フラット35徹底研究
4その他住宅ローンおトク知識
5住宅ローン用語集
スポンサードリンク

posted by 住宅ローン金利をシュミレーションで比較管理人「営業マン」 at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新規で住宅ローンをお考えの方へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


金融機関HPへのリンク集です。 フラット35キャンペーン等はここで確認!
住宅金融支援機構
住宅金融支援機構 ・フラット35 全金融機関金利情報
都市銀行
・みずほ銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・中央三井信託銀行 ・りそな銀行
地方銀行等
・千葉興業銀行 ・八千代銀行 ・中央労働金庫 ・財形住宅金融
モーゲージバンク
・日本住宅ローン ・優良住宅ローン ・ファミリーライフサービス ・ジェイ・モーゲージバンク ・SBIモーゲージ ・東芝住宅ローンサービス ・全宅住宅ローン オリックス ・日本モーゲージ ・共同住宅ローン ・楽天モーゲージ
スポンサードリンク

My Yahoo!に追加
「当ページ上に戻る」「住宅ローンフラット35比較!住宅ローン金利をシュミレーションで比較」topへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。